しじみに含まれたオルニチンの摂取法

しじみに含まれたオルニチンの摂取法

疲れた時や二日酔いの時にはしじみ汁の滋味あふれる味が体に染み渡ります。
なんだかとても効いてる様な気がするのですが、実際のところどうなのでしょう?しじみにはオルニチン、タウリン、ビタミンB群、鉄分、カルシウム、亜鉛などの体に良いとされる成分がとてもたくさん含まれています。

オルニチン・・・オルニチンは肝臓の働きを補助してくれます。

タウリン・・・タウリンは血中コレステロール値を減らしてくれます。

ビタミンB群・・・ビタミンB群は造血を補助し、貧血を防ぐ効果があります。

鉄分・・・鉄分は貧血を防いでくれます。

カルシウム・・・カルシウムは骨や歯をつくるお手伝いをしてくれます。

亜鉛・・・亜鉛は新陳代謝に欠かせない成分をつくります。

これらの素晴らしい栄養成分の中で最近注目されているのは、なんといってもオルニチンでしょう。

オルニチンとはアミノ酸の一種です。
もともと体内でも生成されるものなので、たくさん摂りすぎても副作用を気にする事が必要ありません。
その上、疲労回復、ダイエット効果、二日酔い解消などの効果があります。

最も効果的なオルニチンの取り方はどんな料理でしょう?しじみの栄養を丸ごといただくためには、汁にしてスープに溶け出した成分全てを残さずいただく方法が一番いいでしょう。
しじみ汁のうまみの元は、しじみに含まれているグルタミン酸などのアミノ酸やコハク酸で、これらは汁に溶け出します。
しじみの実は小さいので食べないとう人が多いかもしれません。

ミネラル(カルシウムや鉄分)は実にたくさん含まれているので、全部食べる事をおすすめします。
しじみ100g(およそ35個)あたりに含まれるオルニチンの量は薬10mg?15mgです。
一日のオルニチンの摂取量は400mgと言われているので、毎日それだけのしじみ汁を食べ続けることは難しいかもしれません。
サプリメントを使って上手に生活に取り入れるのも一つの方法かもしれません。
タイミングとしては寝る前が良いのですが、朝起きてから朝食を食べる30分前でも効果的だそうです。

トップに戻る