オルニチンの素晴らしい効能

しじみの中の栄養成分として有名なのが、オルニチンという成分です。
私たちの体内に良い影響を与えてくれる有効成分ですが、そんなオルニチンについて詳しくご紹介したいと思います。

オルニチンの効果として最も高いといえるのは、肝臓の機能を向上させてくれる効果です。
よく、お酒を飲むのが好きな人はしじみを食べたほうが良いといわれますが、これは疲れてしまった肝臓機能を回復させてくれる効果がオルニチンの中にあるからなのです。

肝臓は、私たちが口に入れて咀嚼し、胃の中に入ってきたものの栄養成分を代謝することで、エネルギーとして使える状態にしたり、体内にとって必要でないものは除去する等、色々な役割を担っています。
アルコール等、私たちの体内には毒とされるものに対してもすぐに解毒し、除去しようとする働きがあります。
肝臓は胃等の臓器とは違い、痛みが出にくい場所であり、肝臓に負担がかかっていても気が付きにくいものです。
そのため、なんとなく疲れているという人は、オルニチンを積極的に摂ってみましょう。
肝臓の働きが良くなると疲労回復が早くなったり、ストレスが減って活力が出てきたりと、体調が改善しやすいのです。

そして、肝臓機能向上の他にも、美肌になる効果があります。
オルニチンは、成長ホルモンに働きかけ、肌の再生を活性化してくれるのです。
成長ホルモンを刺激してくれることによって新しい細胞がどんどん作られます。
よってみずみずしい美肌が実現するというわけです。

トップに戻る