しじみに精神安定効果があるの?

しじみの効果として肝臓に良いことや目に良いこと、二日酔いの改善などが有名ですが、精神安定にも効果があることをご存知でしょうか。
しじみのどのような成分が精神安定に効果があるのでしょうか。

しじみには、トリプトファンと呼ばれる成分が含まれています。
このトリプトファンは、セロトニンという脳を安定させる神経の伝達物質や、安定した眠りを導くメラトニンのもとになっています。
脳の安定についても、きちんとした眠りをとることも精神の安定には必要不可欠です。
これらの安定が妨げられると精神的な疲労につながります。
トリプトファンは、脳の安定を保ち、きちんとした睡眠をを摂るためにも必要な成分です。

アミノ酸の一種であるオルニチンもしじみの主成分です。
オルニチンはストレスの原因となるアンモニアを軽減する働きがあります。
肝臓には身体の疲労につながるアンモニアを解毒する機能があります。
肝臓がきちんと機能しないと、アンモニアを解毒することが出来なくなり、疲労が溜まる状態に陥ります。
するとストレスも溜まり、精神の安定が保てなくなります。
しじみに含まれるオルニチンにはこのような疲労やストレスが溜まる状態を防ぐために効果的です。

他にも、鉄分やカルシウム、たんぱく質といった栄養成分が多く含まれています。
栄養のバランスの取れた食事も精神の安定には重要といえるでしょう。
しじみの精神安定効果にも着目して、日頃の食事に上手く取り入れることをおすすめします。

トップに戻る