肝臓機能を高め、美容にも効果のあるしじみ

オルニチンはアミノ酸の一種で、チーズやマグロなどさまざまな食品に含まれています。
中でもしじみに多く含まれており、主に肝機能を高める効果があることで知られています。

具体的にはまず、肝臓内でのアルコールの分解を助けるはたらきがあります。
正確には、アルコール分解後にできるアセトアルデヒドを解毒するはたらきです。
二日酔いを引き起こすのがこのアセトアルデヒド。
お酒を多量に飲んだ後にはしじみ汁を飲むとよいといわれるのは、この解毒作用があるからです。

また、肝臓内でアンモニアを尿素に変えるはたらきもあります。
アンモニアが体にたまると疲労感や倦怠感を感じます。
オルニチンがアンモニアを分解して無害な尿素に変えて排出させることで、疲労回復に効果があります。

肝機能を改善する成分はほかにも、イカ・タコなどに含まれるタウリン、すべてのたんぱく質に含まれるアラニン、魚介類に含まれるビタミン12などがあります。
そうした成分を含む食品はいろいろありますが、オルニチンを高い含有率で含むしじみは、なかでも特に肝臓によいとされています。

さらにオルニチンには、成長ホルモンを活性化させ、新陳代謝を促す作用もあります。
そのおかげで肌の生まれ変わり、いわゆるターンオーバーが促進され、美肌効果もあります。
さらに、代謝が高まれば脂肪も燃焼しやすくなるため、ダイエット効果もあります。

このように有効な成分の多いオルニチンですが、毎日しじみを食べるのは大変です。
幸いサプリメントも数多くありますので、自分に合うものを選んで飲めば、手軽にオルニチンを摂取することができます。

トップに戻る