二日酔いだけじゃない!シジミの健康効果

シジミは、昔から二日酔いに良いといわれ、お酒を飲み過ぎた次の日の朝には必ずシジミのお味噌汁を飲むという人もいるのではないでしょうか。
これはシジミに含まれるオルニチンという栄養素に肝臓の働きをサポートする力があるからです。
しかし、シジミにはオルニチン以外にも栄養ドリンクに使われていることで知られているタウリンやビタミン12などのビタミン類、鉄分、亜鉛等々実にたくさんの栄養が含まれているす。

その中でもビタミン12は、貝類やレバーなど動物性の食材に多く含まれている栄養ですが、シジミはナンバーワンの含有量を誇ります。
ビタミン12には、体全体に酸素を運ぶ赤血球を作る働きがあります。
赤血球は、まず鉄分を元に合成されます。
そしてビタミン12と葉酸の働きで健康な赤血球になるのです。
そのためビタミン12と葉酸が不足していると、正常な赤血球が形成されず貧血の原因になります。
しかもビタミン12が欠乏して起こる貧血は「悪性貧血」といわれ、めまいや動悸、疲労、食欲不振、頭痛等々、様々な体の不調を引き起こす質の悪いものです。
またビタミン12が欠乏すると末梢神経障害が起こりやすくなるので、肩こりや目の疲れ、神経痛などになりやすく、うつなどの神経機能にも悪影響を及ぼすこともあります。
バランスのよい食生活をしていれば、特に欠乏症の心配のないビタミン12ですが、菜食主義の人や高齢の人、胃が弱かったり胃を切除するなど病気を患ったりしたことのある人は欠乏する心配があります。

シジミはお味噌汁やショウガと甘辛く煮る佃煮、酒蒸しなど色々な料理をして楽しめる食材です。
栄養も豊富ですから、二日酔いの改善だけでなく、貧血に悩む人や体の疲れを感じる人は普段から積極的に食べたい食材です。

トップに戻る