生活習慣病予備軍にはしじみオルニチンを!

お酒を飲んだ後や、なんだか疲れが抜けないなと感じた時に、しじみ汁やしじみのお味噌汁でほっとしたという経験をお持ちではないですか。
これはしじみに含まれるオルニチンが関係しています。
お酒を飲んだ後は、肝臓の機能が低下し、二日酔いになったり、疲労感が残ったりします。
そこで力を発揮するのがオルニチンです。
オルニチンには疲れた肝臓を修復する作用があり、肝臓の働きを正常化してくれます。

また、オルニチンには生活習慣病の予防にも効果があると期待されています。

生活習慣病と聞いて浮かぶのが、メタボリックシンドローム。
これは、単なる肥満で済まされるものではなく、心筋梗塞や脳梗塞といった命にかかわるような怖い病気へと繋がる可能性があります。
他にも、糖尿病やガンも生活習慣病に含まれます。
これらの病気に共通するのが、高いコレステロール値です。
コレステロール値が高いと血液がドロドロの状態になり、血管への負担が大きくなるのです。

肝臓ではコレステロールをコントロールする働きがあります。
コレステロールと痰汁酸を用いて、脂質を消化したり吸収する作用があるので、肝臓の機能が悪くなると、血液濃度の上昇とともに、コレステロール値も上がるのです。
怖いのはコレステロール値が高くても、自覚症状がないこと。
知らずのうちに脂質の塊となり、命にかかわるような病気を引き起こす可能性が高くなります。
ですので、お酒を飲んだ時だけでなく、日ごろからオルニチンを摂取し、コレステロール値を正常に保つことが大切です。

毎日しじみ汁やお味噌汁を飲むのは大変かもしれません。
サプリメントであれば手軽に摂取できますので、健康サポートに役立てましょう。

トップに戻る