オルニチンサイクルについて知ろう

しじみ汁やしじみのお味噌汁は二日酔いや、疲れた体に効くというのは有名ですよね。
なぜ良いのかというと、しじみに豊富に含まれるオルニチンが影響しています。

オルニチンとは、肝臓で活躍をするアミノ酸の一種です。
アルコールを摂取すると、肝臓は有害物質であるアンモニアを解毒して尿として排出しようとします。
しかし、暴飲暴食をしてしまうと処理が追いつかず、有害物質が排出されないため、二日酔いや疲労となって現れるのです。

オルニチンはアンモニア解毒を促進する効能があります。
一旦、腸で吸収され臓や腎臓、筋肉などに運ばれるオルニチン。
肝臓では疲労の原因になるアンモニアを尿素に分解します。
この流れをオルニチンサイクルといいます。

このオルニチンサイクルがうまく働かなかった場合、肝機能が弱り、疲れを感じやすくなるでしょう。
その場合は、外からオルニチンを補給してオルニチンサイクルを正常にしましょう。

オルニチンの補充におすすめなのがしじみです。
しじみは冷凍をすると、オルニチンが4倍も増えるといわれています。
それだけでなく、うまみもアップしておいしくなります。
しじみの他にもえのきやチーズ、ヒラメに多く含まれます。
しじみのお味噌汁と一緒にえのきを入れるのも良いかもしれませんね。
お酒を飲んだ時や、疲れを感じた時はもちろんですが、ひごろからオルニチンの摂取を心がけ、肝臓を元気な状態に保つことも大切です。

トップに戻る