肝臓を守るオルニチンの働き

お酒をたくさん飲んでいる方は、自分の肝機能に自信がないかもしれません。
病院の検査で出される結果にびくびくしてしまうという方も多いのではないでしょうか。
肝臓の病気は、もはや国民的な疾患と呼ばれているほど、一般的なものになってしまっています。
飲酒が原因となっている疾患はもちろん、飲酒を普段していないという人でも、過度なストレスを受けることによって肝臓を悪くしてしまう方も多いようです。

しじみに含まれているオルニチンという成分は、肝臓の機能をアップさせてくれます。
肝臓では、アルコールや、体に害のある食べ物を摂取したときに、オルニチン回路が働き、解毒作用が始まります。
解毒しなくてはいけないものの量が過剰になってしまうと、体内に存在するオルニチンだけでは追いつかなくなってしまいます。
結果、肝臓機能を弱らせ、疾患を招いてしまったりするのです。

しじみに入っているオルニチンは、このオルニチン回路を活発にさせてくれます。
肝臓の機能を向上させることができるため、解毒作用がスムーズに行われます。
オルニチンを日常的に摂ることによって、検査結果も良くなることでしょう。
お酒をよく飲むという方、二日酔いになってしまうという方は、朝お味噌汁にしじみを入れる等、工夫してみましょう。
また、肝機能がすでに低下しているという方は、しじみオルニチンのサプリメントを毎日摂るようにすると良いかもしれません。

トップに戻る