乾燥しじみの栄養価

しじみは健康によいとわかっていても、砂抜きが面倒だったり、殻のゴミが多くなったりするので、なかなか食卓に上らないという人も多いのではないでしょうか。
サプリでは味気ない、食品として摂りたいというときは、乾燥しじみを試してみましょう。

しじみは乾燥させても成分が損なわれる事はありません。
ほとんどの商品は天日干しではなく、低温で乾燥、または焼いたものなのですが、むしろ水分が抜けて成分が凝縮されているといえます。
また、かさが減るのでたくさん食べる事が出来るのです。
肝臓の働きを助けるオルニチンをはじめとして、鉄分、カルシウム等も豊富で、健康の維持に役立ちます。
また、グルタミン酸、コハク酸といったうまみ成分も凝縮され、出汁としても使えて便利です。
味噌汁に入れる、炊き込みご飯にする等、工夫出来ますし、そのままおつまみ、おやつとして食べる事も可能です。
ただし、おつまみ用の乾燥しじみは、臭みを取るため生姜が入っていたり、甘味料や添加物が含まれていたりする事もあります。
大量に食べるものではないので特に問題はありませんが、気になるようであれば、味付けされていないものを選びましょう。

そして、乾燥しじみの多くは外国産を使用しています。
加工食品は産地がはっきりしない場合もあり、水質が悪い場所で採取されたものもないとはいえません。
心配であれば、国内産の生、または冷凍のしじみを買うか、サプリで摂取しましょう。

トップに戻る