しじみは初期のうつ症状に効く!

しじみは二日酔いを緩和したり肝機能を保護する食材として有名ですが、実は初期のうつ病の症状を改善する効果も期待されています。

気分の落ち込み、極端なネガティブ思考、倦怠感、無気力状態等の原因は脳内物質のヒスタミンが原因しているといわれています。
仕事や生活の中でなにか強いショックを受けると脳内には大量のヒスタミンが分泌されます。
そのヒスタミンの作用により脳内が覚醒され、圧迫感や脅迫感となり、うつ病の症状を誘発します。

しじみにはこのヒスタミンの血中濃度を低下させる「メチオニン」という成分が豊富に含まれています。
メチオニンは必須アミノ酸のひとつで、ネガティブな精神状態を緩和して気分を回復させる作用があります。
そして快感を得たりやる気を起こさせるドーパミン、幸福ホルモンといわれる心を安定させるセロトニン、交感神経を活発にして集中力を高めるノルアドレナリンといった神経伝達物質を作り出すための材料となります。
医療用の治療薬としても認識されています。
このメチオニンを豊富に含むしじみは正に天然のうつ病薬といえるでしょう。
さらにしじみは多種のビタミンを含みます。
特にビタミンB12は他の魚介類の中でもだんとつに多く含まれています。
ビタミンB12は中枢神経が正常に機能するよう修復・改善・保護をして、神経伝達物質をサポートする役目を果たしています。

そして、しじみの食べ方でお奨めなのは味噌汁です。
なぜならば味噌の原料である大豆にもメチオニンが豊富に含まれているからです。
日々の生活の中で失敗したり、イライラしたり、気分が落ち込むことは誰にでもあります。
そんなとき、いつもの食卓にしじみ味噌汁を加えてみてはいかがでしょうか。

トップに戻る