しじみは冷凍できてさらにメリットたくさん

しじみ、というと思つくものはなんでしょうか。
身体に良さそう、お酒を飲んだ翌日に肝臓の働きを助けてくれる、お味噌汁にするとおいしい、などなど皆さん色々あると思いますが、身体に良くしかもおいしいのであれば毎日のように摂取したいと思いますよね。
しかしスーパーでは毎日しじみが売られている訳ではありません、そうなるといつでもしじみを食べるようにするためには、よりよい保存の仕方を知っておく必要があります。

でも、その前にしじみはなぜ身体に良いのかもしっかりと認識しておきましょう。
しじみにはオルニチンという栄養成分が含まれています。
このオルニチンが肝臓の働きを正常に保ち何よりも疲労回復を助けてくれているのです。
またコレステロールの数値を下げる効果もありミネラル、カルシウム、ビタミンも豊富です。
特にしじみに含まれるオルニチンは他の食材に比べて著しく多いといわれています。
現代社会に必要不可欠な本当に有難い食材といえますね。

それでは、しじみの栄養価の高さがご理解いただけたところでいよいよ、しじみの保存の方法にふれましょう。
常識的に考えると、食材は冷凍することによって、鮮度や味や触感が悪くなったりします。
しかし、しじみは冷凍することによって、味も良くなりさらには先ほどお話しした疲労回復を促進してくれるオルニチンが7倍から10倍にも増えるというのです。
おいしくなる秘密は冷凍することによってしじみの細胞が崩れて、おいしさの元といわれるうまみ成分などが増えるからです。
まさに保存にも最適の食材といえますね。

冷凍の方法も簡単で、普段しじみをそのまま食べる時の砂抜き処理をして、あとは冷凍庫に保存するだけです。
食べたい時に食べたい量だけ解凍すればよいので便利ですし冷凍保存すれば2ヵ月くらいはおいしく食べることができます。
解凍して使う時にはじじみを目覚めさせるためにも強めの火力での調理をおすすめします。

ぜひ、しじみが安く手に入った時には、冷凍保存をしてみてください。

トップに戻る